週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

棚橋弘至の怒りの真意はどこに?DDTと新日本プロレスは抗争に突入?

      2015/08/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

棚橋vsHARASHIMA

あるか?新日本プロレスとDDTの抗争劇

先輩
新日本プロレス棚橋弘至選手が、DDTのHARASHIMA選手との試合後、怒りをあらわにしているみたいだな。
後輩
「グラウンドで競おうとか、打撃で競おうとか、技で競おうとか。ナメたらダメでしょ。これは悪い傾向にあるけど、全団体を横一列で見てもらったら困るんだよ!」ですね。
新日本公式サイト(参照
先輩
これはもう、新日本プロレスとDDTを一緒にするなってことじゃないの?棚橋選手にしては珍しい発言だが、抗争に発展しそうな勢いだ。
後輩
棚橋選手の怒りの真意がハッキリしてないので、なんとも言えませんが…
先輩
俺は横一列に見るなってのはそういうことだと思う。闘魂色が強くない棚橋選手だけど、アントニオ猪木さん、長州力選手に流れていた新日本プロレスの潮流が棚橋選手にも受け継がれていたってことだよ。
棚橋vsHARASHIMA
先輩
アフターG1クライマックスは、まさかのDDTとの抗争が見れるかもしれん。
後輩
DDTはあまりプロレスに興味のなかった一般層も取り込んで、規模的には新日本プロレスに次ぐ団体へと成長しています。
新日本プロレスとしても、無視できない存在になってきたということでしょうか。
先輩
今のうちに、取り込んでおきたいってことだよ。いずれにせよ、殺伐とした抗争は見てるほうとしてはおもしろいことは間違いない。
今、鈴木軍とプロレスリング・ノアの抗争がそれを証明している。
先輩
戦う前には、抗争の匂いがしなかった棚橋選手とHARASHIMA選手の試合だったけど、エース同士の対戦はやっぱり波乱が含まれているもんだ。
先輩
HARASHIMA選手も、リベンジマッチを望んでいるだけに、再戦の機会は思ったより早いかも知れんぞ。

対抗戦意識が希薄だった棚橋vsHARASHIMA戦

後輩
たしかに、鈴木軍がノアに参戦して、注目度が上がったのは事実です。
後輩
でも、団体同士の抗争は長い目で見ると、必ずしも良いことばかりではありません。
先輩
抗争だけに、リスクもそれなりに高いからな。
後輩
なので、俺は棚橋選手の怒りが、一緒にするなという意味ばかりでの発言ではないように思うんです。
先輩
ん、どういうこと?
後輩
さっき、言ってたように、エース同士の対決にも関わらず、試合前に抗争の匂いがしなかったじゃないですか。
後輩
試合を観てたら、棚橋選手は途中、意図的にヒールを演じる場面が多かったと思うんですね。
棚橋vsHARASHIMA
先輩
確かに、DDTファンからブーイングを引き出すような動きがあったな。
後輩
棚橋選手は、DDTのリングでヒールを演じ、その結果としてHARASHIMA選手をベビーフェイスにする。勧善懲悪な世界を作ろうとしたと思うんです。
先輩
けれど、HARASHIMA選手はその空気に乗ってこなかったように見えたぞ。
後輩
そうなんです。HARASHIMA選手としては、団体間の闘いよりも、個々としての闘いを見てほしかった。だから、その流れにはあえて乗らなかったんですよ。
先輩
それが、試合後の棚橋選手の「スターをよりスターにとは思ってたんですけどね。」という発言に繋がるということか?
後輩
そうです。非常になりきれなかった棚橋選手は、コントロールできなかった自分に怒り、シチュエーションを作らせなかったHARASHIMA選手にも怒ったんだと思うんです。
先輩
それが、「全団体を横一列で見るな」ってことだな。
後輩
はい。すぐに抗争ということではありませんが、もう少し対抗戦意識を出したかったと言うことだと思うんです。

テーマのない闘いがテーマを帯びてきた

棚橋vsHARASHIMA
先輩
それでも、俺は新日本プロレスとDDTの抗争が見てみたいな。今の時代に、両国国技館を満員にできる団体同士の抗争は刺激が強いよ。
後輩
俺は一旦距離を置いたほうがいいのかなと思います。そりゃ抗争は刺激的ですけど、プロレス人気が復興途中の段階での抗争はリスクが高すぎます。
先輩
だからこそ、抗争で人気を爆発させるんじゃん。
後輩
抗争は棚橋選手の発言の真意がハッキリしてからでも遅くはないと思います。いや、それでも抗争はあまりしてほしくはありませんが…
先輩
いずれにせよ、新日本プロレスとDDTの件は今後に持ち越しだな。
後輩
そうですね、お互いが別々のところで言っている今の状態ではなんとも言うことができません。
先輩
戦前にテーマがないと言っていた試合も、この件で注目度が飛躍的に増したのは間違いない。
後輩
棚橋選手は、誰が相手でもテーマを作るのが非常に上手いです。
先輩
そこが凄いところだな。全方位テーマが棚橋選手の逸材たるところだ。
後輩
続報、待ってます。
棚橋vsHARASHIMA

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 観戦記 ,