週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

30代40代のプロレスラーは、20代の壁になるべきだ

      2015/10/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

棚橋弘至U-30無差別級王座

ベテランプロレスラーの定義

ベテランレスラーとは、何歳からでしょう?

もちろん、デビューした年齢や試合数によっても微妙に変わってくるので一概には言えませんが、概ね40代を迎えたあたりからベテランレスラーと呼ばれるようになるのではないでしょうか。

これは他のスポーツと比べてやや高齢です。

野球では40歳を迎える前に多くの選手が引退しますし、サッカーや相撲ではさらに早く、30代で活躍する選手はごく少数です。

しかし、プロレスでいうと30代なんてまだまだひよっこ。

30代で偉そうにベテラン面しようもんなら、リアルなジャパンさんあたりから怒られちゃいそうです。

30代、40代のレスラーは少年少女ファンから感情移入される?

かつて、新日本プロレスの会長を務めた木谷高明さんは、「10代の少年少女が感情移入できるのはじつは35歳まで」と言いました。

しかし、現実的にはもっと短くて、せいぜい自分の年齢プラス10歳程度なのではないかと思います。

だって、自分より10歳以上も離れた30代のレスラーに、感情移入をしようなんて気になれないですもん。

それでは、少年少女のファンから10歳以上離れた、30代、40代のレスラーたちはどうすれば良いのでしょう?

答えは簡単です。

10代の少年少女に感情移入されやすい、20代のレスラー達の高い壁を演じれば良いのです。

強くて、偉そうだった少年漫画の30代のライバル達

1990年代の少年漫画を思い出してください。

ラオウ、トンズラー、ランバ・ラル、志々雄真実、大豪院邪鬼、バッファローマン…

主人公のライバルを演じる男たちは皆30代。そして何より偉そうです。

なぜ、彼らは偉そうなのでしょう?

それは、偉そうにしないと威厳が保てないからです。

考えてみてください、偉そうにしないライバルのレスラーに魅力は感じるでしょうか?

まったく感じませんね。

上記で挙げたライバルはみな偉そう。それでいて圧倒的に強いのです。

20代と30代の世代闘争にこそプロレス復権のヒントが隠されている

いつの時代も、10代の夢を一心に背負った主人公が、強いライバルに立ち向かう物語は圧倒的に支持されてきました。

プロレスも、少年少女のファンを得るために、取り入れても良い物語なのではないでしょうか。

なので、30代のプロレスラー達は、もっともっと偉そうにしても良いと思います。

偉そうにして威厳を出して、それでいて圧倒的な強さで20代のレスラーたちを返り討ちにしてください。

そのほうが、20代のレスラーたちも闘いがいがあるってものです。

少年少女の期待を一身に背負う20代のレスラーが、30代のレスラーに立ち向かう。これぞ、かつて少年たちを夢中させた世界。

プロレスが、若い世代のファンを獲得するヒントが隠されているのではないでしょうか。

30代、40代でも強大な壁であり続けるためには

とはいえ、30代半ばを過ぎた頃から、急激に衰え始める体力。

これまでと、同じように練習し、同じように飲んで食べていたとしても若いときと同じようにはいきません。

現在、社長にして、エース宣言を行なったプロレスラーがいます。

全日本プロレス秋山準選手です。

一時は、後塵に道を譲り、社長業に専念するかのように思われたときもありましたが、数々の事情がそれを許しませんでした。

年末に行なわれた「王道トーナメント」では三冠王者曙選手や、急成長著しい宮原健斗選手らをおしのけ、見事に優勝を飾りました。

そんな秋山準選手が、普段から愛用しているというサプリメントが「ドクターズチョイス L-アルギニン5000プラス」です。

かつて、秋山選手が体力に不安を感じ始めていた時に、同世代の調子の良かったプロレスラーにアルギニンを飲んでいることを教えて頂いたそうです。

調子の良かったプロレスラーが誰か非常に気になるところですが、時期的に見ると、三冠ヘビー級王座と、世界タッグ王座を獲って、五冠王になったころの大森隆男選手でしょうか。

大森隆男選手と秋山準選手のタッグチームは、今でも名タッグとして語り継がれています。

プロレス界恒例、年末最強タッグリーグ戦が近づいてきた今。

再び、秋山選手と大森選手のタッグが、若手達の大きな壁となる姿を見たいです。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 想うところ ,

新日本プロレスワールド 新日本プロレスワールド