週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

新日本プロレスG1クライマックス25出場の全選手を振り返る!

      2015/08/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新日本プロレスG1クライマックス25後楽園ホール大会を終えて

新日本プロレスG1クライマックス全試合が終了!

先輩
さぁさぁ、長かった新日本プロレスのG1クライマックス25も終わったな。
後輩
両国国技館が歓喜の渦に包まれました。
先輩
まさに、新日本プロレス。いや、プロレスの底力を見せられた大会だったよ。
後輩
そうですね。メインはまさに激闘という名に相応しい名勝負でした。
先輩
棚橋弘至選手にとって文句なしのG1クライマックスだったと思うよ。あとは、昨年まであったG1クライマックス優勝の副賞「東京ドームでIWGPヘビー級王座に挑戦できる権利」が適用されるのかに注目だな。
後輩
棚橋選手は、内藤哲也選手とバッドラック・ファレ選手にリーグ戦で負けてはいますが、影響はなさそうです。
先輩
その棚橋選手に、惜しくも決勝で負けてしまったが、中邑真輔選手も良いG1クライマックスだったと思うよ。
後輩
リーグ戦では、IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ選手、IWGPインターコンチネンタル王者の後藤洋央紀選手から勝利を奪ってます。
先輩
IWGPインターコンチネンタルを狙うのか、IWGPヘビー級に再び照準を合わせるのか。どちらに進むこともできる立場だな。どっちを獲るのか注目だ。
後輩
いずれにせよ、不戦敗となったマイケル・エルガン選手との対戦は実現してほしいです。

Bブロックでは何が起こったのか?

後輩
一人ひとり順番に見て行きましょう。まずはBブロックから。
先輩
後藤洋央紀選手は、せっかくG1クライマックス前に二連勝をした中邑選手に負けてしまったのは痛いな。しかし、そのぶんIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ選手勝ったのはそれ以上にデカイ。
後輩
中邑選手と決着をつけるのか、オカダ選手相手に統一戦に進むのか楽しみです。
先輩
永田選手は最後にIWGPインターコンチネンタル王者の後藤選手に勝利をおさめた。
後輩
小島選手は最後にカール・アンダーソンの決勝進出の望みを絶って、中邑選手をアシストをしましたね。
先輩
第三世代の二人は、最後に意地を見せたが、満足はしていないだろう。
後輩
アンダーソン選手は、リーグ戦で中邑選手に唯一土をつけた選手です。
先輩
う~ん、成績としてはそうだが、それでも、次に繋がる印象はないんだな。
後輩
同じく、BULLET CLUBの高橋裕二郎選手も大きな印象は残せませんでした。
先輩
専属ダンサーのMAOちゃんは印象強いけどね。
後輩
各会場で人気爆発でしたね。ダンサーがMAOちゃんか、そうじゃないかで観客の反応がぜんぜん違います。
先輩
石井智宏選手は、好勝負を連発したがまだまだこんなもんじゃないだろう。
後輩
その石井選手に勝って、G1クライマックス初勝利をおさめたのが本間朋晃選手です。
先輩
しかし、それ以上の結果は残せていない。このままだと、本間選手は来年の出場は危ういと思う。
後輩
Bブロックで、ある意味もっとも印象を残せた選手と言えば、マイケル・エルガン選手ではないでしょうか。
先輩
ほんと、掘り出しものだよな。これほどの外国人が存在していたのだから世界は広いよ。
後輩
来年ROHが日本で試合をするそうですが、エルガン選手の活躍で観てみたくなりました。
先輩
エルガン選手レベルの選手が来日するとなれば、観戦しないわけにはいかないな。
後輩
そう考えると、エルガン選手がG1クライマックスで残した功績は大きいですね。
先輩
オカダ・カズチカ選手は、成績で見ると7勝2敗の好成績だが、最後に負けが重なったせいで悪い印象が残っている気がする。
後輩
負けた相手も悪かったですよね。IWGPインターコンチネンタル王者の後藤選手に負けて、リーグ戦最後は同CHAOS(ケイオス)の中邑選手に完敗です。
後輩
さらには、両国国技館最終日でAJスタイルズ選手から完璧にフォールを獲られました。
先輩
オカダ選手は、1人ずつ借りを返す必要がある。その上で、棚橋選手の挑戦をドームで受けることになるだろう。

Aブロックでは何が起こったのか?

後輩
次にAブロックを見てみます。
先輩
さっきもチラっと話したけど、AJスタイルズ選手は最終日でオカダ選手からフォールを獲って帳尻を合わすことができた感じだ。
後輩
リーグ戦では、成績はよかったですけど、棚橋選手・飯伏選手・内藤選手とポイントごとに負けてましたからね。
先輩
AJスタイルズ選手としても、オカダ選手は狙い続けるだろう。
後輩
BULLET CLUBでいえば、ドク・ギャローズ選手とバットラック・ファレ選手の同門対決が組まれました。
後輩
昨年の同一カードでは、ギャローズ選手が勝っていましたが、今年はファレ選手が勝ちました。
先輩
この勝敗が、BULLET CLUB内部でどう影響を与えるのか楽しみだよ。
後輩
ファレ選手から勝利を奪った矢野通選手はどうでしょう?
先輩
予想の範疇とこだな。二人同時の金的という新しい武器を編み出したってことくらいかな。
後輩
飯伏選手も良いG1クライマックスではなかったですね。
先輩
真壁選手とネクストがあるみたいだが、ひとまずはそっちに期待しよう。
後輩
真壁刀義選手・柴田勝頼選手も大きな活躍は出来ませんでした。揃って4勝5敗です。
先輩
二人とも不本意な成績だったことは間違いないだろう。まぁ、這い上がってくるしかないよ。
後輩
天山広吉選手も不本意だったと思います。しかし、開幕前からいきなり因縁が勃発した内藤哲也選手に勝てたのが救いですね。
先輩
その内藤哲也選手だが、俺の感想としてはもうガッカリだったよ。
後輩
俺もそう思います。シリーズを通して何をやりたかったのか全く伝わってきませんでした。
先輩
決勝進出に望みがあったギャローズ選手との試合ではあっさり負けるし、喧嘩を売った天山選手にもあっさりと負けちまう。ホント、何がやりたかったんだろうか。
後輩
成績だって、5勝4敗と中途半端です。この成績だったら今までの内藤選手と全く変わってないですよ。
先輩
おそらく、ヒールターンする前の内藤選手でも似たような成績だったろうな。
後輩
棚橋選手、飯伏選手、AJスタイルズ選手に勝って注目を集めましたが、失速感は否めません。
先輩
内藤選手には、また別のときに詳しく話すことにするよ。

アフター・ザ・G1クライマックス25

後輩
明日は、G1クライマックス一夜明け記者会見ですね。
先輩
いろいろと楽しみだな。2016年の東京ドーム大会も正式に発表されたしな。
後輩
棚橋選手、挑戦するんでしょうか。今年の東京ドームと逆パターンですね。
先輩
もしかすると、即挑戦する可能性もあるぞ。
後輩
2015年の下半期は、G1クライマックスで生まれたネクストの清算が待ってます。
先輩
G1クライマックス25は終わったが、まだまだ新日本プロレスに注目だよ。
G1クライマックスの他の記事はコチラ

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 観戦記 , , ,