週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

内藤哲也が棚橋弘至から勝利!G1クライマックス制覇までトランキーロ!

      2015/08/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内藤哲也が棚橋弘至から勝利!G1クライマックス制覇までトランキーロ!

G1クライマックス公式戦で、内藤が棚橋から白星

後輩
内藤哲也選手が、棚橋弘至選手に勝ちましたね。
先輩
新日本プロレスのG1クライマックス25広島大会だな。
後輩
なんか、内藤選手。メキシコから帰ってきたばかりのころより良くなってると思うんですよね。
先輩
それは俺も同感だ。
少しずつだけど、キャラが定まってきた感がある。
後輩
メキシコから帰ってきた当初は、ダラダラとしてただけのようにしか見えませんでした。
先輩
帰ってきた瞬間、いきなりイメージチェンジするもんだと思ってからな。
後輩
そうですね。それがよく分からないまま、よく分からない状態になってたから戸惑いました。
先輩
まさしく、トランキーロ(焦るな)だったな。

G1クライマックスでは内藤が本来の立場を取り戻す!?

後輩
G1クライマックスの棚橋選手戦では、首に狙いを定めた一転集中が効果的でしたね。
先輩
さらに、無駄な動きを少なくして、じっくりと間を持たせた闘い方が功を奏していた。
後輩
それまでの内藤選手って、せわしなく動き回っていた印象が強いんですよ。
後輩
内藤選手なら、そんな動き回らなくても魅せる試合が出来ると思っていただけに嬉しいです。
先輩
今の新日本プロレスには、オカダ・カズチカ選手や飯伏幸太選手のように、動きで魅せることのできる選手が多くいるからな。
後輩
二人とも、内藤選手が最初にメキシコから帰ってきたときにはいなかった選手ですね。
先輩
棚橋選手や中邑選手も、内藤選手が最初にメキシコから帰ってきたときは、今ほど覚醒はしていなかった。
後輩
内藤選手が入るのかなと思っていた空き家を、他の選手がドンドン先回りして埋まっちゃったような印象です。
先輩
だな。
後輩
このへんは、トランキーロ(焦るな)じゃなかったほうが良かったかもしれませんね。

G1クライマックスで内藤がヒール像を確立する

先輩
今の新日本プロレスって、日本人ヒールがいないじゃん。
後輩
そうですね、CHAOS(ケイオス)がヒールと言えばヒールですけど、人気ユニットですもんね。
先輩
そこで、内藤選手が、しっかりとヒール像を確立すれば、トップに割ってはいる余地は残されていると思う。
後輩
反則攻撃とかじゃなくて、媚ないようなキャラクターってことでしょうか?
先輩
そう。いまどき安い反則なんて流行らないからな。
先輩
しっかりと凄みを持ったようなヒールになってほしい。
後輩
ノアのマットで活躍してる、鈴木みのる選手なんて近いですね。
先輩
鈴木みのる選手は、内藤選手がキャラクターを確立させるのに、ヒントになると思うぞ。
後輩
これはもう、トランキーロ(焦るな)に参考にしてほしいですね。

内藤の決め台詞はロス・インゴベルナブレスで決まり?

先輩
しかし、一つ言わせてもらえば、広島大会の試合後のマイクは物足りなかった。
後輩
「トランキーロ! ハポネセス(焦るな、日本人たち)!」ですか?
先輩
それはまぁ良いんだけど、あの、なんだっけ?インブレナレスだっけ?
後輩
「ロス! インゴベルナブレ~~~ス!!」ですね。
先輩
そうそう、そのインゴベルスとかいうユニット名。
後輩
ロス・インゴベルナブレスですよ。
先輩
それ、何回聞いても覚えられないんだよな。
後輩
馴染みのない言葉ですもんね。
先輩
せっかく、棚橋選手に勝ったんだから、なにか憎憎しげなインパクトのある言葉が欲しかったな。
後輩
それが、ロス・インゴベルナブレスですよ。
先輩
だから、覚えられんってソレ。
後輩
他に何か覚えやすい言葉ってありますか?
先輩
分かりやすく、「アディオ~ス!」とかで良いんじゃないの。
後輩
場を締める言葉としては良いかもしれませんが…他にないんですか?
先輩
まぁまぁ、そこはトランキーロ(焦るな)だ。
G1クライマックスの他の記事はコチラ

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 週刊プロレス , ,

新日本プロレスワールド 新日本プロレスワールド