週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

速報よりも早い!新日本プロレスワールドをテレビの大画面で見る方法

      2016/07/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新日本プロレスワールド

G1クライマックスをテレビの大画面で見たい!

新日本プロレス「G1 CLIMAX(クライマックス)25」が開幕しました。

それに伴い、新日本プロレスワールド(http://njpwworld.com/)では全19大会を完全LIVE配信。自宅にいながらにして、全ての試合を観ることができるのです。

しかし現状、新日本プロレスワールドは、スマートフォン、タブレット、パソコンでしか見ることができません。

自宅の、大きなテレビ画面で観たいなと思っている人は多いのではないでしょうか。

ならば、自宅のテレビをパソコンにしてしまえということで、コレ。

m-Stick MS-NH1

昨年の発売開始直後、品薄状態で某オークションサイトでは高値が付くほどの人気、スティック型PCです。

これを、自宅のテレビに差し込むと…

新日本プロレスワールド

一瞬にして、テレビがパソコンのモニタへと早変わりするのです。

それでは、さっそく、スティック型PCを使って、新日本プロレスワールドアクセスしてみます。

新日本プロレスワールド

新日本プロレスワールドが表示されました。

新日本プロレスワールド

新日本プロレスのウェブページも表示されます。

実に快適に、自宅のテレビで「新日本プロレスワールド」を視聴することができるのです。

スティック型PCはどれを買えばいいの?

一口にスティック型PCといっても、マウスコンピュータ、アイ・オー・データ機器、エプソン、イイヤマ、FRONTIERなど、多くのメーカーから発売されています。

スティック型PCは各社から多くの製品が出されており、どれを選べば良いのか分からない。

ですが、最初に結論から言うと、どこのメーカーの、どの機種を選んでも同じです。

なぜなら、どの機種を選ぼうと基本性能に大差はありません。

ほとんどの機種で、CPUが「Atom Z3735F(1.33GHz)」で、RAMは2GB。接続インターフェイスも、microSDメモリーカードスロット、USB 2.0ポート、Bluetooth 4.0が各1系統でほぼ共通。

OSもWindows8.1だったり10.0だったりしますが、これは大きな問題ではありません。。

価格も、2万円前後で平均されており、この価格で性能に差をつけろというのが無茶な話。

よって、どれを買っても快適な環境で動画を観ることが可能です。

以上。

とまぁ、コレで終わるのもさすがに申し訳ないので、簡単に、機種ごとの性能表を掲載します。

今買える、スティック型PC比較表

メーカー メーカー CPU メモリ OS 価格(1/5)
DG-STK1B Diginnos ATOM Z3735F 32GB Win10 10,778円
MS-NH1-AMZN マウス ATOM Z3735F 32GB Win10 13,200円
BOXSTCK1A32WFCR インテル ATOM Z3735F 32GB WIn8.1 18,600円
BOXSTCK1A32WFC intel ATOM Z3735F 32GB WIn8.1 21,479円
CSTK-32W I-O DATA ATOM Z3735F 32GB Win8.1 15,120円

見ていただいて分かるとおり、CPUの性能は横並びです。違いといえば、OSとファン搭載か非搭載かというところですね。

メモリは、まぁ大きければ大きいに越したことはないですが、新日本プロレスワールドなどの動画を観るためだけと割り切れば32GBでも十分。

window8.1

実際に32GBの「CSTK-32W」をセットアップした直後の状態でも、19.7GBの空きが残っています。

ファンは、熱くなった本体を冷ますための扇風機みたいなもんです。

新日本プロレスワールドのように常に動画を再生するという用途を考えると、ファン搭載のほうが安心だと思います。

ファンのない状態で、長時間稼動し続けると本体が熱くなり、動画の再生に影響を及ぼすかもしれません。

スティック型PCを接続する

それでは、IO-DATAの「CSTK-32W」を購入したので、実際に接続します。

最初から付属品として電源ケーブルが付いているのが嬉しいです。

スティック型PCといえど、パソコンなので電源供給は必要です。もちろん、テレビの周辺に電源を確保しておくことは必須です。

あと必要なものと言えば、キーボードとマウスくらいですね。

これら全てをスティック型PCに差して、さらにテレビにブッ刺します。

そうそう、「CSTK-32W」にはUSBポートが一つしか付いていません。なので、キーボードとマウスを同時に使うためには、USBハブが必要です。

さっそく電源を入れてみました。

window8.1

Windowsのセットアップ画面が始まります。

名前や居住区域なんかを入力して進めましょう。

window8.1

めでたくWindowsが起動しました。

新日本プロレスワールド

さっそく、新日本プロレスワールドにアクセスします。

新日本プロレスワールド

このように、動画を視聴することができます。

新日本プロレスワールド

全画面表示にしても滑らか。ストレスフリーです。

ニコニコ動画

もちろん、ニコニコ動画も。

yourube

Youtubeも全く問題ありません。

総論

想像以上に良いです。

あまりに本体が小さいため、再生するまでは動画のコマ落ちなんかも予想していたのですが、現状のところ全く問題ない。

たま~に遅くなるときはありますが、普段ネットで動画を見慣れている人にとっては気にならないレベルです。

キーボードやマウスは最初だけ、USB接続のものが必要ですが、一旦設定してしまえばBluetooth接続を使ってコードレスに使えます。

それでも、テレビ周りにキーボードを置きたくないって人は、ブラウザのブックマークにお気に入り設定だけ登録すれば、マウス操作だけで起動可能です。

キーボードを使いたいって時は、Windows標準搭載のスクリーンキーボードを使えばいいんです。

スクリーンキーボード

アドレスバー→すべてのアプリ→スクリーンキーボード

マウスさえも置きたくない?

ならば、こういうアプリはいかがでしょう?

remote mouse

Remote Mouse

お手持ちのスマートフォンからパソコンの操作が可能です。

パソコンのキーボードよりも、スマホでの入力のほうが慣れているという方にはコチラのほうが良いかもしれません。

google play からダウンロード

iTune からダウンロード

fc2動画

もちろん、DMM.co.jpやFC2なんかもテレビの大画面で視聴可能です。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - ネットニュース