週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

プロレスラーの引退!理由は様々なれど笑顔で見送ることができたなら

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロレスラーの引退!理由は様々なれど笑顔で見送ることができたなら

プロレスラー、男子と女子の引退感の違い

引退を扱った記事にて、こんな一文を見つけました。

ある女子選手からこんな質問を受けた。
「男子の選手ってちゃんと引退試合やセレモニーをやらないで、気がついたらリングから降りている人が多いですよね。どうしてですか?」

一方で男子選手からは、何度かこんな質問をうけたことがある。
女子選手って逃げて辞める選手以外は、結構若い選手でも大半が引退試合やセレモニーをしますよね。どうしてですか?」

なるほど。

今まであまり意識はしていませんでしたが、確かにそのように思います。

先日、ビッグダディの元妻・美奈子さんの再婚相手として報じられた佐々木義人選手も、元プロレスラーと紹介されていたようですし、男子プロレスラーは引退したのか現役なのか分かりづらい選手がとても多いです。

どのような形式であれ引退は笑顔で見送りたい

これって、たぶん仕事における人生観の違いなんでしょうね。

男子プロレスラーの場合、どうしてもプロレス=生涯の仕事ととらえる選手が多く、卒業という概念自体が薄いように思います。

例え、最初に入門した団体を離脱しようと、他の団体に移籍したりフリーとして活動しようとも、プロレス界からは離れられないのです。

女子プロレスラーの場合、やはり生涯の仕事として捉える選手はごく少数で、来るべき引退後の人生を意識しながら現役生活を送っているように思えます。

団体を移籍しようとも、フリーになろうとも、引退は遠い未来の話ではなく、ごくごく身近に存在するものなのです。

その違いが、男子プロレスラーにとっての引退=涙、女子プロレスラーにとっての引退=笑顔といった違いになって表現されるのだと思います。

アスリートである以上、どのプロレスラーにも引退の瞬間は必ず訪れるもの。

引退理由は様々なれど、最高の笑顔での引退を望みたいです。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 週刊プロレス