週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

大仁田厚の後継者争いが激化!あの人気レスラーだとどうだろうか?

      2015/05/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊プロレス1789号(5/6)

大仁田厚の後継者争い?そんなものとっくの昔に決まっています。

大仁田厚選手の後継者争いが続いています。

しかし、大仁田選手の後継者争いなんて実はとっくの昔に結果は出ているのです。

大仁田選手の後継者といえば、田中将人選手以外にありえません。なぜなら、大仁田選手との関係性の深さにおいて、田中選手に勝るものなどいないからです。

大仁田選手に憧れてFMWに入門し付き人になり、末期の頃までFMWの在籍し、今なお同じリングで肌を合わせる選手はただ一人…いえ、正確に言うと保坂秀樹選手やマンモス佐々木選手も大仁田選手の後継者なのかも知れませんが、プロレスでの実績を考慮すると田中選手が飛びぬけています。

超戦闘プロレスFMWを旗揚げしたことにより、今後は超電戦士バトレンジャー選手も後継者争いに加わってくる可能性もありますが、現時点ではさすがにアレですしね。

とはいえ、田中選手も既に42歳。プロレスラーとしてのキャリアを考えると、ここからさらにピークへ持っていくのは難しいでしょう。

そう考えると、後継者はひとまず田中選手として、現在、大仁田選手が力を入れている超花火、すなわち電流爆破デスマッチの後継者について考えなればならないのです。

現時点での候補を列挙してみます。

まずは、FMW時代から大仁田選手と関連性のある選手を除くわけにはいきません。

青柳館長、金村キンタロー選手、黒田哲弘選手、佐々木義人選手、ドラゴンキッド選手、保坂秀樹選手、マンモス佐々木選手、リッキー・フジ選手。。。

FMWより後期に大仁田選手と関わった選手も候補になる可能性もあります。

曙選手、新井健一郎選手、鷹木信悟選手、KAI選手、高山善廣選手、TARU選手、矢口壹琅選手あたりでしょうか。

全体を通して見るとなかなかの顔ぶれですが、やはり大仁田選手に比べると物足りないように思います。

大仁田厚の後を引き継ぐことが出来る人気レスラーとは

おそらく、大仁田選手が電流爆破デスマッチの後継者と考えうる選手に何より求めるのは、世間的な知名度に違いありません。

いくら、プロレス内部で認められる選手だとしても、対世間で知名度が無い選手ですと大仁田選手とて後継者に指名するわけにはいかないでしょう。

そうすると、後継者に必要なのは、大仁田選手に匹敵するだけの世間的な知名度、デスマッチへの耐性の2点が必要となってきます。

今のプロレス界に、そんな選手がいるのでしょうか?

そうだ!

あの選手はいかがでしょうか?

最近、テレビでも見る機会が多い選手です。

本間朋晃選手です。

ハスキー本間としてテレビでも大活躍。既に大仁田選手を上回るほどの知名度を持ち、デスマッチへの耐性も十分のはず。

大仁田選手にはない、天性の明るさも兼ね備えています。

今の本間選手が、大仁田選手と試合をするとなると、世間的なニュースの要素として申し分ありません。もしかすると地上波だってやってくるかも。

ただし、本間選手はガサガサと呼ばれるほどのデスボイスの持ち主。

大仁田選手のような、試合後のマイクパフォーマンスは引き継げないですね、きっと。

後継者争い田中将人選手として、電流爆破デスマッチは、とりあえず大仁田厚選手が一代限りのものでもいいと思います。

関連記事

大仁田厚が後継者探しを本格的に始めたのだろうか?

大仁田厚が赤井沙希にノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチをオファーした!

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 週刊プロレス ,

管理人ターキーの紹介

ターキー_プロフィール 名前:ターキー
趣味:プロレス観戦
悩み:アイドルとプロレスの両立が難しい


団体問わず、プロレス全般を見ています。
プロレスがもっと楽しめるようなブログを書いているつもりです。たまにアイドルのことも書いています。上記からツイッターをフォローして頂ければ管理人が喜びます。プロレスネタとか、日常の取り留めない雑感を呟いています。

詳しくはコチラ

ライター募集中プロレス会場特集