思ったよりも深イイ!新日本プロレスとDDTのチャンピオンが対決!

シェアする

新日本プロレスの看板、DDTの看板

画像:SPORTS navi

スポンサーリンク

ヨシヒコ相手に、飯伏幸太がKO-D無差別級王座防衛!

飯伏選手がヨシヒコ選手を相手に、KO-D無差別級王座を防衛しました。

プロレス的に考えると、飯伏選手はニュージャパンカップ2015優勝者にしてIWGPヘビー級次期挑戦者。

いくらなんでも、ここで取りこぼすわけにはいかないのですが、そんな理屈を吹っ飛ばすほどのパワーが今のDDTには存在しているのです。

この結果を受けて、飯伏選手は現KO-D無差別級王者ののままIWGPヘビー級王座へ挑戦することが決定しました。

新日本プロレスvsDDT、王者の争い

この試合は新日本プロレスのトップとDDTのトップが闘うことを意味します。

古くからプロレス界を牽引してきた新日本プロレスと、ドインディーから始まったDDTが両国国技館という、プロレス界を代表する会場で雌雄を決する図式は非常に痛快です。

もはや歴史や権威なんて関係ありません。

おもしろいところ、人気を集めている団体こそが盟主なのです。

4月5日の両国国技館は、見ようによってはプロレス界を代表する二大メジャー団体の王者が闘う試合となりますが、潰しあいとは程遠い印象を受けるのは、DDTという団体の色なのでしょうか、飯伏選手の個性なのでしょうか。

海外で育ったAJスタイルズ選手と、DDTで育った飯伏選手が、両国国技館のメインをタイトルマッチで務める。

本当にプロレス界が楽しくなってきました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

自己紹介

ターキー_プロフィール 名前:ターキー
趣味:プロレス観戦
悩み:アイドルとプロレスの両立が難しい


プロレスとアイドルが大好きです。
プロレスとアイドルは似ているを身上に、記録を残しています。たまに日常のことも少し。美容や子育てや寝具やイケメンについてのライティングもやっています。

詳しくはコチラ

ライター募集中 プロレス会場特集