週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

方舟沈没!鈴木軍がノアを完全制圧!GHC4大タイトルを全て強奪!

      2015/06/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木軍がノアのGHC4大タイトルを強奪!:週刊プロレス1784号

鈴木軍がノアのGHC4大タイトルを強奪!

鈴木みのる率いる鈴木軍が、プロレスリング・ノアに現存する全てのベルトを強奪しました。

いや、これは凄い!これまでも、団体(軍団)間での抗争は何度も繰り広げられてきましたが、ここまで圧勝というのは珍しい。

ノア勢は、セコンドの介入がといいますが、この試合に関しては勝てば官軍、負ければ賊軍です。

終わった後に騒いだところで時すでに遅し、そもそも試合を裁いたのはノアの西永レフェリーです。

自前のレフェリーが鈴木軍のセコンド介入を見逃しているんだから、文句のつけようがありません。

遅すぎたノアの大同団結

負けた丸藤選手は試合後、リング上でノアの一致団結をアピールしました。

しかし、全てのベルトを獲られてからでは遅すぎます。

こうなる前にやるべきことは、ノアにはいっぱいあったはずです。

元々、戦力の揃っていないノアで、軍団を結成する必要すらあったのでしょうか。

軍団抗争は魅力溢れる戦力が揃ってこそ映えるもの、それが決定的に不足しているノアで軍団抗争を組まれていたとしても変に複雑になるだけ。

誰がどこの軍団に所属しているかさっぱり分からない。少ない戦力をいたずらに分散しているようにしか見えなかったですもん。

抗争は新たなるステージへ!

とにかく、鈴木軍対ノアの抗争は第二ステージへ突入しました。

海賊的に言うと、獲られた財宝を獲り返すための闘いが始ります。

ヒーロー漫画的にはノア勢に感情移入しやすいはずですが、正論なのは鈴木軍のほう。

「強いから勝つ!」という持論はとても分かりやすい。単純明快です。

最終決戦は5月10日(日)の横浜文化体育館に決定済み。

一致団結したノア勢は、鈴木軍相手にどこまで強さを見せ付けることができるかが勝負。

沈みかけた方舟は静かに沈むのを待つのみなのでしょうか。

もしかすると、沈みかけた舟から脱出す船員もいるかもしれません。

いずれにせよ、このまますんなりと最終決戦を迎えるとは思えません。

この抗争からは、まだまだ目が離せません。

チケット情報

GHCヘビー級選手権試合 鈴木みのるvs丸藤正道

5/10(日)プロレスリング・ノア:横浜文化体育館 (神奈川県)
icon

こんなイベントもあります。

4/3(金)プロレスリング・ノア:公開調印式
icon

GHCヘビー級選手権「(選手権者)鈴木みのるvs丸藤正道(挑戦者)」公開調印式開催!4月3日(金)「プロレスリング・ノア@東京カルチャーカルチャー」

【1部】18時30分~19時30分

内容:GHCヘビー級選手権公開調印式
・5月10日(日)横浜文化体育館大会 GHCヘビー級選手権試合
「(選手権者)鈴木みのる vs 丸藤正道(挑戦者)」の公開調印式

◇公開調印式終了後 丸藤正道選手トークショー

【2部】20時30分~22時
内容:☆フリーイベント
・ミニトークショー
・合宿所ちゃんこの試食会(有料)
・グッズ、チケットの販売

<参加予定選手>
丸藤正道、杉浦貴、森嶋猛、モハメド ヨネ、シェイン・ヘイスト、石森太二、拳王、大原はじめ、マイバッハ谷口、小峠篤司、原田大輔、平柳玄藩、スペル・クレイジー、北宮光洋、熊野準
※参加予定選手がケガその他の事情により変更となる場合がございます。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 週刊プロレス , ,

管理人ターキーの紹介

ターキー_プロフィール 名前:ターキー
趣味:プロレス観戦
悩み:アイドルとプロレスの両立が難しい


団体問わず、プロレス全般を見ています。
プロレスがもっと楽しめるようなブログを書いているつもりです。たまにアイドルのことも書いています。上記からツイッターをフォローして頂ければ管理人が喜びます。プロレスネタとか、日常の取り留めない雑感を呟いています。

詳しくはコチラ

ライター募集中プロレス会場特集