有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア 後半

シェアする

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア 後半

鈴木軍の三連勝で迎えたプロレスリング・ノア3.15有明コロシアム大会のメインイベント。

しかし、鈴木みのる選手にとって、メインで負ければ喜びは半減以下、逆に丸藤正道選手は意地でもGHCヘビー級王座だけは守りたいところです。

戦前、いろいろな予想が飛び交いましたが、ついに最終決戦が始ります。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア 前半戦はこちら

スポンサーリンク

GHCヘビー級選手権試合60分1本勝負

鈴木みのるvs丸藤正道

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

挑戦者・鈴木みのる選手の入場です。「風になれ」が鳴り響く中、静かに入場です。
この日は、観客を煽ることなくリングに入りました。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

王者・丸藤選手の入場です。

アップテンポな「HYSTERIC」に合わせて華やかに登場します。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

特別立会人を小橋建太さんが務めます。

自ら、数々の激闘を繰り広げてきたGHCヘビー級選手権をどのように見るのでしょうか。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

丸藤選手のコールには、ノアファンから多くのテープが投げ込まれました。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

丸藤選手の強烈な逆水平チョップが、鈴木選手の胸元をえぐります。
チョップの打ち合いは、ウエイトで劣りながらも、丸藤選手が優勢の印象を受けました。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

丸藤選手が場外に落ちると、やぱりセコンドの鈴木軍が手を出します。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

鈴木軍の過ぎた介入に、西永選手が業を煮やしチェックします。
これには、場内大歓声。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

トップロープ上で鈴木選手が卍固めを決めます。

鈴木選手は、猪木イズム・藤原イズムと、多くの引き出しを持った選手です。
状況に合わせてどんなスタイルでも対応できるところが、多くの団体を渡り歩くことができる秘訣です。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

トップロープ越しの逆十字固め。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

立体的な技なら丸藤選手も負けません。
スワンダイブ式で鈴木選手の顔面にミサイルキックを叩き込みます。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

そして、コーナーからブレーンバスターで投げ捨てます。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

リングに戻り、強烈な逆水平チョップ。
なんとか、チョップで試合の主導権を握ろうとします。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

丸藤選手の不知火が出ました。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

しかし、これは決めることができずに、着地。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

ならばと、レフェリーを足場に不知火を決めようとします。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

さすがにこれは安定しなかった。失敗です。
丸藤選手にとって、ここで不知火を決めることができなかったのは痛い。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

鈴木選手がリング中央でスリーパーを決めます。
その瞬間、花道から、KESと飯塚選手の姿が!

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

飯塚選手が丸藤選手にアイアンフィンガー・フロムヘルを叩き込んだ!

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

リングに大の字の丸藤選手を、鈴木選手が無理やり起こします。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

ゴッチ式パイルドライバーの体勢。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

完璧に決まりました!

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

無常にもスリーカウント入ります。

GHC新王者・鈴木みのるの誕生の瞬間です。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

納得のいかない小橋さんが鈴木選手に詰め寄ります。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

レフェリーにも抗議しますが、一度下った判定は覆らない。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

プロレスリング・ノアの田上社長も姿を現します。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

鈴木軍、勝利のマイクアピール。
「プロレス界の歴史が変わった日だ。かつて方舟と呼ばれたオンボロ船は、ただのゴミになった。プロレス界に鈴木みのるの時代が来たんだよ!」

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

ノアの選手が現れてリングを取り囲みます。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

ノア勢にリングを取り囲まれるも、鈴木軍は気にすることなく勝利の雄たけびを上げます。

杉浦選手がリングに上がりました。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

続いて、ノアの全選手がリングに上がり、鈴木みのる選手に詰め寄ります。

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

息を吹き返した丸藤選手がマイクを持って、鈴木選手に再戦要求。
「あんなきたねえ勝ち方でうれしいのか? もう一回、俺に行かせてくれ!」

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

花道の奥でも鈴木軍が勝利のアピールです。

「沈みかけた船が沈む前に宝をもらいにきただけ。こんなところにもう用はない」

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア

どうあっても、納得のいかない丸藤選手は、ノア全選手に向けて再挑戦を懇願。

超危暴軍の森嶋選手をはじめ、ユニットを超えて一致団結を強調しました。

総括

なんと、鈴木軍が現存するGHC全てのベルトを総獲りです。

一個二個獲るよりも、これは圧倒的に衝撃的です。

ヤフーのトップニュースに載るほどのインパクトを残しました。

全体を通して、試合をリードしていたのは鈴木みのる選手のほう。

セコンド陣の介入もあって、その流れはより顕著になりました。

鈴木みのる選手は、相手の良さを消しながら試合を組み立てるのが本当に上手い。

丸藤選手は逆水平チョップで見せ場を作るものの、終始何もさせてもらえませんでした。

そして、ノア勢のセコンド陣はあまりにも大人しすぎです。

メインイベント以前にも、鈴木軍の介入は幾度も行なわれたのですから、ノア勢が先にリング外で仕掛けても良かったのではないでしょうか。

タイトルマッチだからとか、正々堂々などと言っている場合ではありません。

リング外で圧倒して、ノアの力を見せ付ける必要があったと思います。

リン外でも鈴木軍が一枚も二枚も上手でした。

タイトルマッチ翌日には、鈴木軍・ノア勢ともに記者会見を開き、鈴木みのる選手は完全に制圧するため、丸藤選手に挑戦権を与えました。

ノア・丸藤選手は、5月10日の横浜体育館大会ででリターンマッチに挑戦が決定しましたが、現状のところ望みは薄いように見えます。

ノアは、それまでに一致団結して、鈴木軍に負けないだけの強さを見せなければ、今日の同じ結果に終わるのは明らか。

早急に、早急にノアは一つにまとまらなければなりません。

関連記事

NOAH2.22後楽園ホール観戦記

有明コロシアム観戦記:3.15プロレスリング・ノア 前半

Yahoo!トップニュースで配信中

ノアざんげ会見、田上社長「一致団結して取り返す」

スポンサーリンク