週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

プロレス女子・プ女子に好かれる男性の3つ特徴・理由を教えます!

      2016/11/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロレス女子・プ女子に好かれる男性の3つの法則:ネットニュース

プロレス女子と一緒にプロレスを楽しみたい

プロレス会場に行くと、いつも可愛い女性と一緒に観戦している男性を見たことはありませんか?

特別、顔が良いわけでも、身長が高いわけでもないのに、なぜかいつも両脇に女性を引き連れて観戦している。

もちろん女性は、絶世の美女。

さらに、連れてくるのが毎回違う女性だとなれば、それはもう、プロレス界の九番目の不思議と言っても過言ではありません。

なぜ、彼らはいつも可愛い女性を連れて観戦できるのでしょうか?

彼らに比べて、貴方はいつも一人で寂しく観戦。。。

昨今、プロレス会場に女性の姿が増えています

AKB48倉持明日香も熱狂!後楽園ホールに“プロレス女子”が押し寄せる理由とは?

それにも関わらず、貴方は毎回毎回孤独に一人で観戦。

プロレス会場で、声を上げることもありません。

一度でいいから、プロレス女子と一緒にイヤァオ!!!!と叫んでみたくはありませんか?

一度でいいから、プロレス女子と一緒に愛しています!と叫んでみたくはありませんか?

今回は、そんな貴方のためにプロレス女子に好かれる3つの法則をお届けします。

プロレス女子に好かれる3つの法則

紳士的であること

多くの団体がレディースシートを取り入れるなど、女性ファンにとって観戦しやすいシステムを整えています。

とはいえ、鍛え上げられた肉体を持つレスラー同士が闘うプロレス会場は、思わぬような危険が待ち受けていることがあります。

その最もたる例がリングサイドです。

周知の通り、リングから至近距離で見るプロレスは大迫力。

まるで、選手の息遣いまでも聞こえてきそうな距離感はプロレス観戦の醍醐味です。

しかしながら、至近距離であるがゆえに危険性も半端ではありません。

場外へのダイブ、場外乱闘、後方から飛んでくる紙テープの芯など、リングサイドには危険がいっぱい。

ここでは、さりげなく女性を気遣う優しさが必要です。

場外乱闘が始まれば、サッと盾になるのは当然として、時には試合展開を推測して、予め女性を危険から遠ざけておく。

水しぶきが飛び交うようなときは、女性の身を守る、すぐにタオルを出して水を払う。

こういった気遣いが出来るだけで、印象はグッと変わります。

プロレス会場では、女性を手助けする紳士的な優しさは必須です。

意外性があること

昭和の時代、プロレスラーは常に怖いという雰囲気をまとっていました。

ですが、今のプロレスラーでそういった雰囲気を持つものはごく少数。

リングを下りると、丁寧なファンサービスを心がける選手が多数です。

ついさっきまで、リング上で力強く躍動していた選手が、とたんに優しい笑顔で…

そういったギャップに女性は惹かれます。

貴方の第一印象をいい意味で裏切る趣味、特技はないでしょうか?

もし、ないようでしたら、簡単なことでも構いません。

スーツを着てくる、メガネをかけてくる、簡単なことでも結構です。

無邪気な少年のようにプロレスに熱中するというのも良いかもしれません。

言うまでもなく、プロレス会場は非日常空間です。

普段は見せない姿を見せることで、ただの良い人から少し気になる人へ女性の気持ちは変化するのです。

強引であること

プロレスに熱中する女性は、最近流行の草食系男子に飽き飽きとしています。

プロレスラーのように強い存在に憧れています。

だから、プロレス会場では羊の皮を被る必要はまったくありません。

野性味溢れる誘いで、強引にリードを取りましょう。

観戦後、「また今度会いましょう」なんて禁句です。

プロレス会場では、次回興行のチケットが販売されています。

その場で二人分購入して、次の約束を取り付けてしまえばよいのです。

主導権をとりましょう。

女性に選択肢を与えて、決めてもらうのは、“優しさ”じゃなく“弱者”の証拠です。

リング上の強い男に心酔している女性の前で、それ以上の強さを見せましょう。

貴方が変われば、プロレス観も変わります

・・・いかがでしたでしょうか。

これらを実践するだけで、彼女らの目には貴方が棚橋弘至か潮崎豪か飯伏幸太かオカダ・カズチカでも見るように、目を潤ませて、頬を赤く染めるようになります。

自然と、貴方の周囲には可愛いプロレス女子が集っていることでしょう。

貴方は、「カッコいい」と噂される人気プロレス男子。

貴方からの誘いを断るプロレス女子はいない。

そうなってから、ゆっくりとプロレス観戦に誘う女性を決めればいいのです。

これで、貴方も楽しいプロレスライフを満喫することができますよ。

プロレス観戦後は、素敵な彼女と「オリャァァアアァア!」とお楽しみください。

イっちゃうぞ、バカヤロー!とお叫びください。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - ネットニュース

管理人ターキーの紹介

ターキー_プロフィール 名前:ターキー
趣味:プロレス観戦
悩み:アイドルとプロレスの両立が難しい


団体問わず、プロレス全般を見ています。
プロレスがもっと楽しめるようなブログを書いているつもりです。たまにアイドルのことも書いています。上記からツイッターをフォローして頂ければ管理人が喜びます。プロレスネタとか、日常の取り留めない雑感を呟いています。

詳しくはコチラ

ライター募集中プロレス会場特集