週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

KENSOも泣いた!?スポーツ界、モーレツパワハラ伝説:雑誌・書籍感想

      2015/02/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KENSOも泣いた!?スポーツ界、モーレツパワハラ伝説:FRIDAY

KENSO選手が振り返る、生々しいエピソード!

2月6日発売の雑誌「FRIDAY」に全日本プロレスKENSO選手のインタビューが掲載されました。

お題目は、「スポーツ選手を泣かせた モーレツ!パワハラ伝説」。

厳しいことで定評のある明治大学ラグビー部で2年生にしてレギュラーとなったKENSO選手ですが、その影には、生々しいエピソードがありました。

明治大学ラグビー部の伝統にKENSOもギブアップ寸前!?

まず最初は、「先輩より目線は下」という鉄則。

これは身長191センチのKENSO選手には厳しい。

例え相手が160センチだろうと、先輩である以上鉄則は鉄則です。

KENSO選手は、顔を床につけるほど顔をかがめて話していたそうです。

それは、風呂場でも同じこと。

浴槽に誘われれば、顔半分を湯の中に入れていたというのですから、当時の苦労が伺えます。

そんなKENSO選手が特に辛かったと振り返るパワハラが3つありました。

  • 大広間で延々”しぼり”!
  • 電話は3コールまでに出る!
  • ユニフォームは3日かけ洗濯!

詳しくは誌面を読んでもらうとして、いずれも落ち度があれば、”大しぼり”が待っていたのです。

KENSO選手のインタビューを読んだ後は、明治大学ラグビー部伝統の紫紺のユニフォームは涙なしには見れません。

正当な指導か否か

KENSO選手の他にも、ゴルフの丸山選手、バレーの河合さん、プロ野球の橋本さんが掲載されています。

いずれも、学生時代にKENSO選手と同等の、いやそれ以上のパワハラを受けていたと告白しています。

ただし、4人とも、学生時代のパワハラ全てを否定しているといえばそうでもありません。

悪質なシゴキには何のメリットもないのは当然ですが、厳しい指導すべてをパワハラとする最近の風潮には異を唱えています。

小川直也の「体罰」報道に指導か暴力かで賛否両論!

体罰問題で厳しい状況に立たされている小川選手ですが、正当な指導であったことを願います。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 雑誌・書籍 ,

管理人ターキーの紹介

ターキー_プロフィール 名前:ターキー
趣味:プロレス観戦
悩み:アイドルとプロレスの両立が難しい


団体問わず、プロレス全般を見ています。
プロレスがもっと楽しめるようなブログを書いているつもりです。たまにアイドルのことも書いています。上記からツイッターをフォローして頂ければ管理人が喜びます。プロレスネタとか、日常の取り留めない雑感を呟いています。

詳しくはコチラ

ライター募集中プロレス会場特集