鈴木みのるはNOAHという新しいページをどのように色づける?:ネットニュース

シェアする

鈴木みのるはNOAHという新しいページをどのように色づける?:ネットニュース

NOAH勢と鈴木軍の全面戦争が開始!

新日本プロレスの1.4東京ドームに乗り込んだ丸藤選手率いるノア勢。

ボスである鈴木みのる選手こそ参加していなかったものの、8人タッグマッチにおいて、鈴木軍の外人3強を含む4人から、わずか5分で勝利を飾りました。

試合後、勝利を飾った勢いそのままに、リング上から鈴木軍を挑発。

これに対し、鈴木選手は応戦の構え、さっそく東京スポーツでは、NOAH勢と鈴木軍の全面戦争が報じられました。

丸藤が利用するノア勢の「みのる嫌い」

1月10日に開催されるNOAHの後楽園ホール大会では、既に、メインのカードは丸藤選手と新日本プロレス・小島選手のGHCヘビー級選手権試合と決定しています。

しかし、試合後に何らかの形で鈴木軍が入ってくるのは有力。

その後、開幕する1月のシリーズでは鈴木軍がNOAHマットに参戦する可能性も高まっています。

スホンサードリンク

新日本プロレスにとってのNOAHの位置付け

これを受けて、ネット上では、「第三世代の次は、鈴木軍がNOAHに左遷」といったような声が聞かれます。

確かに、印象としては新日本プロレスというメインストリートから外れた選手がNOAHのリングに上がるという印象が濃いのも事実。

しかし、メインストリートから外れたからといって、そこで価値が落ちるほどプロレスは底の浅いジャンルではありません。

また、メインストリートに戻ってくれば良いだけの話です。

もっとも、NOAHのリングだって決して新日本プロレスの下部組織ではありません。

ただ、新日本プロレスのリングとは違ったストーリーが同じ時間軸で流れているだけの空間。

新日本プロレスがメインストーリーとだとしたら、NOAHはサイドストーリーです。

映画で例えると、スピンオフ作品のような位置づけなのです。

そこで、スピンオフ作品ならではの自由な戦いを見せれば良いし、本編以上に魅力的なストーリーを完成させれば良いのです。

鈴木選手は上がるリングがどこであろうと輝くことの出来るレスラーです。

きっと、NOAHのリングを今よりも魅力的なものにしてくれるでしょう。