故・三沢光晴さん七回忌「6月13日を忘れない」斎藤彰俊

シェアする

故・三沢光晴さん七回忌「6月13日を忘れない」:週刊プロレス1777号
スポンサーリンク

2015年6月13日は、故・三沢光晴さんの七回忌にあたります。

それに合わせて、週刊プロレスでは、三沢光晴追悼企画、 6月13日を忘れないの連載が始まりました。

この企画、三沢さんに関係の深い選手、関係者に、当時の状況、現在の心境を聞く企画です。

第一回はプロレスリング・ノアの齋藤彰俊選手です。

故意ではなかったにせよ、直接放った技によってなんらかのアクシデントが起きた以上、齋藤選手にはとても重いテーマです。

しかしながら、決して避けては通ることができない事件の心境を語っていただいた齋藤選手の勇気を称えます。

まず、三沢選手最後の試合となったカードが決定する経緯、当時のNOAHが置かれた状況から語ります。

スポンサーリンク

何ら変わることのない試合前

この日組まれたカードは、齋藤選手&バイソン選手vs三沢さん&潮崎選手のGHCタイトルマッチでした。

既にNOAH内で確固たる地位を築いていた齋藤選手&バイソン選手組に対し、三沢さん&潮崎選手はこれからのチーム。

必然的に、王者組は壁という役割を求められます。

齋藤選手は試合が組まれた意図を理解しつつ、個人としては簡単にいかせないという思いで試合に臨みました。

前日は、大阪のホテルに泊まり、朝に試合会場である広島に向かいました。

この時点はまったくいつもと変わっておりません。

おそらく、日常過ぎるレスラーの移動のように思います。

そりゃそうですよね。事件が起こるなんて、この時点では誰も想像さえもしていなかったのですから。

何ら変わることのない試合序盤

試合は、キャリアの浅い潮崎選手がローンバトルを強いられました。

三沢選手は時折激を飛ばしながらも潮崎選手をサポート。

途中、三沢選手がボディープレスを踏み外すこともありましたが、至って平常どおりに試合は進みました。

アクシデントの起きた齋藤選手のバックドロップにしても、いつもと何ら変わらない通常の技でした。

ただ一つ違ったのは、技を受けた三沢選手がいつまで経っても起き上がってこないことだけでした。

齋藤選手は、起き上がりにラリアットを狙って待ち構えていましたが、起き上がる気配のない三沢選手に不安を感じ始めます。

徐々に何かが起こったことを察知します。

すぐに、レフェリーが試合を止めて、トレーナーや選手達を呼び寄せました。

しばらくすると、救急隊が駆けつけてきて、三沢選手を運び出します。

この時点で、三沢選手の身体に異常事態が起こったことは齋藤選手のみならず、その場にいた全員が察知していました。

齋藤彰俊選手の覚悟

ここから先は、齋藤選手の懺悔が続きます。

試合後、齋藤選手は病院に行くも、誰と、どのように行ったかの覚えておりません。

ただ、断片的に病院に行ったという記憶が残っているのみです。

集中治療室の前でひたすら祈り、三沢さんの回復を祈りますが、祈りは通じず、三沢選手はリングに散りました。

報告を受けた齋藤選手は、その時のことを、現実は入ってくるが、整理ができない心境だったと答えています。

三沢さんに、そんなことがあってはならないということ気持ちが、現実を受け止めることを拒否していたのです。

朝になり、齋藤選手はホテルを出ました。

やがて河原にたどり着き、そこで齋藤選手は全てを受け入れることを決意します。

それは自分のことだけではありません。ファンの方の思いも全て、正面から受け入れる覚悟を決めたのです。

一旦ホテルに着いた後、選手達の再び病院に戻り、変わり果てた三沢さんと対面を果たしました。

自分は涙を流す資格なんてないんです。泣いたり、悲しんだりするのはご遺族、関係者、ファンの方たちなんです。

強烈な罪悪感に悩まされる齋藤選手の心境が痛いほど伝わってきます。

何があろうと、シリーズは続きます

次の日は、GHCタッグ王者の撮影会が企画されていました。

もちろん、昨日の試合で防衛を果たした齋藤選手&バイソン選手との撮影会です。

前日に防衛したGHCタッグ王者の責任として、齋藤選手はファンとの撮影会に出席します。

もし何ごともなかったら。ファンと一緒に撮ってたのは三沢社長たちなのかなと思うと、それはそれで感情が出てきてしまいますよね。果たして自分がベルトを持って撮影していいのかなって。

全てのファンが昨日の事故を知っている中、それでも決められたスケジュールを消化する齋藤選手のプロ意識に頭が下がります。

その日の試合は、三沢選手の遺影がリングサイドに置かれて行なわれました。

試合後、齋藤選手は三沢選手の遺影に向かって土下座しました。

プロレスラー齋藤彰俊ではなく、いち個人齋藤彰俊に戻った瞬間です。

観客の前でだろうと関係ありません。

頭で考えてとった行動ではないからです。

その後も予定通りシリーズをまわって試合をした齋藤選手は自問自答に悩みます。

自分が試合をしていいのだろうか?

しばらくしてから、齋藤選手は三沢さんが生前に書いた手紙を受け取ります。

予め三沢さんは試合中に亡くなったとき、対戦相手に伝えてほしいという内容の手紙を書いていたのです。

詳細は掲載されていませんが、齋藤選手が出した答えとほとんど変わりがなかったと述べられています。

きっと、齋藤選手はこの手紙に救われたことでしょう。

こういった事故で当事者を慰められるのは、もう一人の当事者のみのように思います。

三沢選手が、常に命を落とすかもしれない覚悟でリングに上がり続けていたこと、そして、対戦相手を気遣う気持ちが表現されています。

この痛ましい事故により、プロレス界、そして齋藤選手の歴史が代わりました。

あれから6年経った現在も齋藤選手はリングに上がり続けています。

それも、事故のあった緑のマットに変わらず立ち続けます。

事故のことは決して風化されることはありませんが、齋藤選手は今日もリングに立ち続けます。

三沢光晴最後の一日「6月13日を忘れない」を偲ぶ
三沢光晴最後の一日「6月13日を忘れない」を偲ぶ
2015年1月14日発売の週刊プロレス1775号から連載が開始されました、~三沢光晴最後の一日~「6月1...