新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記

シェアする

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記

早く僕達オールドファンをプロレスから卒業させてくれ

恒例の新日本プロレスin東京ドーム。「WRESTLE KINGDOM 8」。

普段はあまり観戦記を掲載しない当ブログではありますが、さすがにこればかりは看過できないということで、簡単に振り返ることにします。

まず会場に入って感じたのがアリーナの椅子席の数。数年前のドーム大会では、アリーナの椅子の数が少なくて、肌寒く感じたこともありましたが、この日は概ね並べられていました。

主催者発表によると35000人の入り。そして、何より子供の姿が目立ちました。多くは両親に連れてこられた子供たちで、家族揃って、グッズに身を纏った姿はほほえましく感じます。

「さぁ、早く僕達オールドファンをプロレスから卒業させてくれ」と心の中で呟きました。

スホンサードリンク

試合前

第0試合が終わったのが16時40分ごろ、17時の開演まで少し時間があります。16時55分ころになると、待ちきれないといった観客からコールが巻き起こります。こんなに期待感に満ち溢れたドーム大会は久しぶりです。

いよいよ、開演!和風な演奏が場内に鳴り響き、お馴染み「ザ・スコアー」へと繋がる、素晴らしい演出です。

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記一通りオープニングムービーが流れた後は、本日の対戦カードの発表。演出が佐々木敦規氏ということで、選手のコールはPRIDE・ももクロでお馴染みのレニー・ハートさんかと思いましたが、今日は違っていたようです。

けれど、高揚感を高める格好良いコールでした。

IWGPジュニアタッグ選手権4WAYマッチ

[第37代王者組]ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン
vs
[挑戦者組]タイチ& TAKAみちのく
vs
[挑戦者組]アレックス・コズロフ&ロッキー・ロメロ
vs
[挑戦者組]アレックス・シェリー& KUSHIDA

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記 新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記
タイチ入場時に現れたのは「READY to KISS」というアイドルグループです。池袋を中心に活動しています。

「タイチって『放課後プリンセス』推しだったんじゃないの!?」という鋭いアナタ!半分正解半分不正解です。タイチは「READY to KISS」を選択しました。

試合はめまぐるしく動く展開。数々のトリッキーな動きは、ドームの第一試合としての役割を果たしました。ヤングバックスが防衛です。

IWGPタッグ選手権

[第63代王者組]デイビーボーイ・スミスJr.&ランス・アーチャー
vs
[挑戦者組/WORLD TAG LEAGUE 2013優勝チーム]ドク・ギャローズ&カール・アンダーソン

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記

大型外国人選手同士の対決は見栄えがします。それをジュニア試合の後に持ってくるのがニクいところ。KESが攻め込みだすと、セコンドのタマ・トンガが介入してくる展開。
バレットクラブ組の勝利で、新王者誕生です。ドームの第二試合というポジションを考えると、短く内容の濃い試合でも良かったとは思いますね。

NWA世界ヘビー級選手権

[王者]ロブ・コンウェイ
vs
[挑戦者]小島聡

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記特別立会人として、ハーリー・レイスがギャラクシーエクスプレスに乗って登場。見所はそれだけかなと思ってましたが、ロブ・コンウェイが良い味出してます。

いちいち、筋肉を観客にアピールする様は、NWA王者らしいといえばNWA王者らしい。

小島の勝利で、新NWA王者です。

はて、小島はこのベルトをどのように活用するのだろうか??

スペシャルタッグマッチ

桜庭和志&永田裕志
vs
ホーレス・グレイシー&ダニエル・グレイシー

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記グレイシー組に対して、どのように反応していいのか戸惑いましたね。もはやグレイシーは絶対的なヒールではなくなっていました。

ブーイングともおぼつかない声がグレイシーに生温かく向けられていました。永田選手の白目だけ見て終わり。

永田桜庭組が反則勝利です。う~ん、その瞬間、よく見てなかったので分かりません。唐突に決まって、前哨戦もなかった試合だけに難しかった。

この1年で、桜庭の立ち居地が変わったのが印象的でした。

スペシャルタッグマッチ

シェルトン・X・ベンジャミン&鈴木みのる
vs
グレート・ムタ&矢野通

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記

ムタを中心に試合が動く。

矢野とどのような連携を見せるのか?

鈴木はムタに対して我を通すことができるのか?

その中でも、鈴木と矢野の定番ムーブはしっかりと見せてくれました。

矢野が鈴木をフォール。

この結果は驚いた。

ベンジャミンって不思議な選手ですね。

何気なく、何気ないポジションで、何気ない試合をしています。

キング・オブ・デストロイヤーマッチ

真壁刀義
vs
バッドラック・ファレ

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記真壁人気が凄い。

入場から観客の期待を感じます。

このクラスになると全てが華やかですね。

対するファレに対しては、やや心配。

しかし、仮に彼が結果を残すと、一気にトップ戦線に駆け上がるチャンスでもあります。

ファレの勝利も考えていましたが、結局…

真壁がファレから無難に勝利。

スペシャルシングルマッチ

後藤洋央紀
vs
柴田勝頼

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記オールドファンがよく言う「今のプロレスには殺気がない」という言葉。

まぁだいたいは過去を美化しするぎてるだけなんでしょうが、殺気ならここにありますよ。

正確にいえば、殺気を今風にアレンジしているのが柴田のように感じます。

後藤が柴田から勝利。

横綱揃いの新日本プロレス勢の中で、大関クラスの二人が、この先どのようにのし上がっていくのかに注目が集ります。

KENTA、ここに入ってきてもいいんだよ。いや、入ってきてください。

IWGPジュニアヘビー級選手権

[第66代王者]プリンス・デヴィット
vs
[挑戦者]飯伏幸太

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記 新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記出てくるだけで、観客の視線を持っていく二人。

特にデヴィッドの入場は魅入りましたね。

この日も試合の流れを止めるような古臭い乱入に辟易です。

デヴィッドは悪いことをしないワルになってほしいと思います。

勿体無いですよ。

飯伏がデヴィットから勝利で、新王者誕生。

IWGPヘビー級選手権

[第59代王者]オカダ・カズチカ
vs
[挑戦者/G1 CLIMAX 23優勝者]内藤哲也

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記 新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記普段はブーイングにさらされることが多い内藤ですが、ドームという大きな会場で、これだけに光を放すつことができる選手は多くはありません。

オカダは安定の入場。テーマ曲がなった時点で観客のボルテージがあがります。

試合は、やや長く感じましたね。

内藤は少し技の精度が荒いように思います。

おもいきって、15分以内の試合時間に収めるようなスタイルを確立することができれば、観客の支持を得ることはできるのではないでしょうか。

試合はオカダが内藤から勝利。防衛成功です。

IWGPインターコンチネンタル選手権

[第6代王者]中邑真輔
vs
[挑戦者]棚橋弘至

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記 新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記

棚橋は、マーティー・フリードマンを引き連れて入場!

なんと生演奏!!

これだけでチケット代、元が取れました。

一流は一流を呼びます。

中邑の入場も圧巻。

ポールダンサーを引き連れて、いつものように花道を歩きます。

良い演出は、観客の期待を高めます。

両者とも、定番のムーブが多くなってきて、それを消化するのに時間が掛かるようになってきました。

観客の期待を裏切るようなスタイルに移行しても良いかもしれませんね。

試合は棚橋が中邑から勝利。

ベルトを失った中邑の、次の狙いが気になります。

個人的には、2015年前半は、オカダと中邑の抗争が見てみたいと思います。

試合後

新日本プロレス2014.1.4東京ドーム観戦記 棚橋は再びマーティーを呼び込みます。新日本のエースと世界マーティーの夢の競演です。

これにて約5時間に及ぶ興行が終了。

今回のドーム興行は、全体的に入場シーンが印象に残りました。趣向を凝らした演出は心を惹き付けますね。

ももクロの演出家として知られる佐々木アマが今大会の演出を手がけたようですが、ももクロ自体が、プロレス・格闘技の演出を取り入れてきただけに、それがプロレスに戻ってきたという印象。

ももクロっぽさは皆無です。

しかし、そのぶん興行時間が長すぎたのも事実。

可能であれば、3時間程度に収めてほしいとは思いますが、それには試合を削るしかないのが悩ましい。

休憩時間には、西武ドームをはじめ、今年の主要大会の会場が発表されました。

今後も、新日本プロレスの独走は続く様子。

今年は、各団体から、新日本に参戦したいと名乗りを上げる選手が増えると思います。

良いんですよ、プロなんだもの。

待遇の良いマットに動くのは悪いことではありません。

昨年以上の快進撃を見せて、新たな黄金期、是非とも築いてほしいと思います。