週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

全日本プロレスが分裂!ファン不在の細分化は誰のため?

      2015/11/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン不在の分裂劇は、団体の魅力を失うだけ。ファンにとってメリットは感じられない。:週刊プロレス1693号

全日本プロレスが内部から崩壊!

またもや、全日本プロレス分裂のニュースが飛び込んできました。

全日本プロレスは、社長の白石氏のブログに書いた他団体批判が原因で経営が悪化し、多くの選手、フロントが退団しました。

誰も残らないと思っていましたが、数名の選手、スタッフはが全日本プロレスに残ったため、結果的に二派に分裂という結果になりました。

全日本プロレスとプロレスリング・ノアが分かれたのとほぼ同じ、歴史は繰り返します。

武藤全日本プロレス、最後の両国国技館

こうして向かえたのが、現状の武藤・全日本プロレスにとって最後の両国国技館です。

リング上では、太陽ケア選手の復帰戦、KENSO選手vs潮崎選手、メインの諏訪魔選手vs秋山選手といった見どころもありますが、ファンの関心ごとは、白石社長が何かアクションを起こすのか。

結果的に、白石社長はリングに上がらず、マイクもなし、全日本プロレス分裂についての説明もありませんでした。。

選手、スタッフの間でも、プロレス団体分裂直前にありがちな、ギスギスした雰囲気はまったくありませんでした。

今回の分裂が、選手間でもめ事ではなく、社長の暴走によるものとため、現場の人間は被害者だという意識でいたのでしょう。

ファン不在の分裂劇は、ファンの信頼を失うだけ

今のところ、残留組と退団組がどのように進むのかは分かりません。

しかし、ファンから見ると、今まで一枚のチケットで見れたものが、今後は別々にチケットを買わないと見れなくなっただけのことです。

ただでさえ、首都圏では、プロレス興行は過密しています。

主義主張の違いにで細分化するのは単にプロレス団体の勝手で、ファンには何の関係もありません。

選手層が薄くなって、魅力のなくなった団体にお金をつぎ込むことができるファンは少数です。

せっかくプロレスを見るのならば、ファンは魅力のある団体を選ぶでしょう。

勝手に分裂するのは自由ですが、結局はそれが自分たちの首を絞めることになるのは忘れないでほしいです。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 週刊プロレス

管理人ターキーの紹介

ターキー_プロフィール 名前:ターキー
趣味:プロレス観戦
悩み:アイドルとプロレスの両立が難しい


団体問わず、プロレス全般を見ています。
プロレスがもっと楽しめるようなブログを書いているつもりです。たまにアイドルのことも書いています。上記からツイッターをフォローして頂ければ管理人が喜びます。プロレスネタとか、日常の取り留めない雑感を呟いています。

詳しくはコチラ

ライター募集中プロレス会場特集